« 2012年宇宙研特別公開レポ ベピ・コロンボ編 | トップページ | JPLの仕事のうまさに舌を巻いた1週間 »

2012年宇宙研特別公開レポ その他もろもろ

去年と一昨年は結構、手間暇かけて宇宙研特別公開のレポを書いたんだけど
こんなアクセス数も少ない辺境のブログで力入れてもなぁ・・
という思いもあり今年は軽く済ませることにした。
そんなわけで今回で一応今年の宇宙研特別公開レポートは最後です。

・イプシロンロケット

ミューロケットとは違いイプシロンは垂直打ち上げ。
イプシロンロケットのブースがある第5会場は普段は体育館のように
ガランとしているらしい。

・赤外線天文衛星あかり&スピカ

スピカのCGは決定稿ではない。まだ決定したプロジェクトでもないし。
あかりの望遠鏡の蓋はハッブル望遠鏡のような開閉機構は
最初から考えられていない。
蓋があるとかえって観測の邪魔になるそうで。

イオンエンジン&DESTINY

特別公開3回目にして初めてイオンエンジンが
動いているところを見ることが出来た。
はやぶさで使われたμ10のパワーアップ版のμ20エンジンを
デモ稼働させていた。μ10の口径10Cmに対してμ20は口径20Cm。
計画中のDESTINYプロジェクトで初めて搭載される予定。
DESTINYはイプシロンロケット3号機に載せたいが他のプロジェクト
と競合していることもあり決定したプロジェクトではない。
DESTINYは工学プロジェクトだけどイプシロンでも深宇宙へ探査機を
飛ばせる可能性を示すものになるらしい。

・はやぶさ2

今回の特別公開では初めてはやぶさ2の模型が公開された。
でもって初めてIES兄さんと少し話が出来た。サインも頂いた。
兄曰くはやぶさ2の模型は昨日準備したとの事。
また兄に写真撮影を頼まれるという珍しい体験も出来たw。
はやぶさ2が向かう小惑星はまだ詳しい観測がなされていないのでイトカワ
みたいな詳細なディテールはまだわからない。
はやぶさ2のアンテナが2つあるのは今まで使われてきたタイプのアンテナと
高性能のアンテナ2つ搭載するため。
今まで使われてきたタイプは送受信可能だが高性能のアンテナは
探査機からの送信のみ可能。でもって高性能の方のアンテナは雨に弱い。
はやぶさ2の吉川プロマネによるとはやぶさ2のコードネームは無い。
はやぶさ2が正式名称、との事。

・イカロス
もうそろそろ冬眠から目覚めるんじゃないかなぁというお話。
通信に臼田さんを使うのに予算を結構使うらしい。
自分は気が付かなかったが某所の情報によると今年は
ブラックイカロス様はいなかったらしい。

・電波無響室
宇宙研の衛星、探査機はすべてここでアンテナのテスト、開発が行われている。
ココも今回初めてちゃんと見学できたけど電波を通さないということで見学者は
みんなケータイの画面を見て圏外になってることを確認してたな。
はやぶさ2、あかつき、イカロス、MMOのアンテナ(の模型)を見られた。

軽く済ませるつもりだったのに結構書いちまった。
さて、来週はキュリオシティの火星着陸だ!!



« 2012年宇宙研特別公開レポ ベピ・コロンボ編 | トップページ | JPLの仕事のうまさに舌を巻いた1週間 »

宇宙開発全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012年宇宙研特別公開レポ その他もろもろ:

« 2012年宇宙研特別公開レポ ベピ・コロンボ編 | トップページ | JPLの仕事のうまさに舌を巻いた1週間 »

応援バナー

  • スター・ウィークバナー

  • あかつき特設サイト

プロフィール

  • 管理人
    浜松市在住のおっさん 独身
  • ブログランキング参加中
    人気ブログランキングへ
無料ブログはココログ